葬儀ってどうしたらいい?千葉でもソレって一般的なのかしら?

千葉での一般葬の相場はどれくらい?故人の亡くなった時点の年齢と大きく関係してくるのが葬儀にかかる費用です。

“小規模な一般葬の葬儀内容や利点”は?千葉でもできる?

小規模化した一般葬は千葉でも需要が多く、最近ではポピュラーな葬儀になっています。

規模を縮小することで費用を4割程度もカットできるところが魅力です。

◎通常の一般葬より予算を40%以上も削減。

通常なら相場が120万円ともいわれている一般葬にくらべて、何よりも葬儀費用が安くて済むというのが最大のメリットです。

小規模化した葬式はどこでもやっていますので、千葉県内とか千葉市内とか、あるいは県外でも、ネット検索すればすぐに見つけられます。

規模が小さくなった葬儀といっても30人~100人程度の会葬者をお招きでき、式次第も一般葬と変わりません。

◎小規模化しても内容・式次第は一般葬と同じ。

故人のお迎えがあって、ご遺体の安置、通夜・告別式、初七日までを執り行い、その後、火葬へとすすみます。

葬儀の見栄えも良く、ご家族・親族、故人と付き合いのあった仕事関係の方々、友人、近所の方々など、気兼ねなく招待できる点が2つめの魅力です。

「費用をかけ大々的な葬式を行なうほどではないが、生前の幅広い人々との交流があって家族葬では済まされない」という方に向いています。

◎通常の一般葬は現役の役員が亡くなられたとき。

小規模な一般葬は現役を引退して5年程度が経過した故人~。

1つの目安ではありますが、故人が現役で亡くなられたか、現役を引退し退職されてから亡くなられたかが葬儀の規模の決め手になります。

千葉でも、現役引退後に亡くなられた方の葬儀は小規模化しつつあります。

退職後の年数から規模を割り出してみましょう。

Comments are currently closed.