葬儀ってどうしたらいい?千葉でもソレって一般的なのかしら?

千葉での一般葬の相場はどれくらい?故人の亡くなった時点の年齢と大きく関係してくるのが葬儀にかかる費用です。

葬儀にある1日葬の見栄えより家族葬がいい?千葉での予定です。

葬儀のスタイルを決めるとき、世間体や見栄えも大事ですが、肝心なのは故人を見送る気持ちです。

実際のところ千葉でも通夜の有無以外、2つの葬儀に大きな差はありません。

◎1日葬と家族葬の違いはどこに?

1日葬は、その日のうちに告別式と火葬を行う葬式のことで、家族葬は通夜を行なった後に告別式と火葬を行う葬儀スタイルです。

1日葬は通夜がないため、遺族側の負担もそれだけ少なくて済みます。

故人が親しくしていたご近所の方や友人・知人が会葬者のメインです。

これに対して家族葬は通夜を行ないますので、お別れの時間をより多くの方と共有することができます。

◎2種類の葬儀の見栄えの差は?

家族葬は告別式も行なうので、通夜開けには会葬者を招き、改めてお別れの時間をもつことができます。

会葬者の席数は50~60席で、会場に余裕があれば増席も可能です。

一例にすぎませんが、葬儀社Aでは、家族葬の花祭壇は2段式で、司会スタッフが付きます。

安置料金に含まれるものとしてドライアイス4日分が用意されます。

また1日葬では花祭壇が1段でドライアイスが3日分。

司会スタッフも付きます。

◎1日葬と家族葬の違いは“通夜の有無”です。

葬儀日程に余裕がない場合などは1日葬でも構いません。

「1日葬や火葬式ではご近所の手前が悪い」という声を耳にしますが、通夜があるのとないのとでは、ご遺族側の日程調整やおいでいただいた方への対応などで心労が増します。

無理をせずに故人を見送る1日葬は、千葉でも年々希望数が増えています。

決して故人を軽視した式ではありません。

Comments are currently closed.