葬儀ってどうしたらいい?千葉でもソレって一般的なのかしら?

千葉での一般葬の相場はどれくらい?故人の亡くなった時点の年齢と大きく関係してくるのが葬儀にかかる費用です。

葬儀プランにある千葉の一般葬と家族葬の境目は?

一般葬にするか家族葬にするかの選択を“会葬者の数”で考えると、分からなくなるのも無理はありません。

誰をお呼びするか葬儀の原点に立ち返って考えてみましょう。

※家族葬のトラブルが増加していますのでご注意ください⇒http://news.livedoor.com/article/detail/15746852/

◎規模で考えると分からなくなる葬儀の種類。

最近では小規模な一般葬が増えたせいで、千葉であっても家族葬との境目が分かりにくくなっているのは確かです。

たとえばA社の場合は、一般葬が50人から可能で、B 社の場合は40人からでも可能となっています。

これに対して家族葬の会葬者の上限はだいたい40~50人なので、人数だけで考えるとどちらでもOKということになってしまいます。

◎会葬者の数ではなく属性で考えるのが常識。

実際に上記のようなグレーゾーンのおかげで選択に迷いが生じて判断が遅れてしまうと、葬儀の手配が間に合わなくなる可能性もあります。

基本的にどちらにするかの判断は人数ではなく会葬者の属性によります。

会社関係の上司や同僚がメインなら50人を下回る会葬者数でも一般葬にするのが常識。

ご近所さんや友人・知人がメインなら家族葬という判断です。

◎一般葬か家族葬かを考えるときは、葬儀の規模ではなく、会葬者の属性で判断しましょう。

たとえば千葉県内にあるどの葬儀会館でも、規模に対してならどのようにでも対応できるはずです。

大切なのは、故人が生前にどんな方とお付き合いがあったか、誰に会葬をお願いするかです。

判断の結果、ご近所の方をお呼びした家族葬に、同僚や上司の方が来られるというパターンなら失礼には当たりません。

Comments are currently closed.